ホーム > グループニュース

グループニュース [Group News]

2017年

2017.07
オリジナルブランド『DRESSY®』-ドレッシー- 新商品のご案内
いつまでも美しく華やかな生活と理想的なカーテンをお届けするドレッシーより エレガントで繊細な刺繍を施したカーテンをお届けいたします。
ショップチャンネルで生放送 先行発売
放映日程:2017年7月16日 AM8:00〜 数量限定
2017.06
「ミストロン=糸から衣料を変える」当社新開発の極細の合繊糸(ミストロン)の紹介記事が北國新聞・北陸経済欄「ほくりく最前線」に掲載されました。 東京・伊勢丹新宿本店の婦人服売り場に、サンコロナ小田の素材を使った商品が並ぶことになった。「伊勢丹ガール×サンコロナ」と題したコラボ企画で若い女性に人気のアパレルブランド数社との提携などが詳しく紹介されています。(記事のPDFをご覧いただけます)
2017.01
社内報コスモス(COSMOS)第42号が発刊されました。
新春対談のお相手は谷本石川県知事です。地方創生プロジェクト、日本の繊維産業の中核基盤としてのビジョンなど 盛りだくさんの話題でお話をいたしました。
2017.01
当社の取り組む「素材からの変革」は大手メディアの注目を集めています。
北國新聞に掲載された記事をご紹介します。
「クルマの軽量化技術展」のニュース、小田代表インタビュー連載コラム「新戦略」です。

2016年

2016.12
オリジナルブランド『DRESSY®』- ドレッシー- 新商品デビューのご案内
いつまでも美しく華やかな生活と理想的なカーテンをお届けするドレッシーより
ゴージャスな刺繍を施したカーテンをお届けいたします。
2016.11
『Floral Garden』- フローラルガーデン- 新商品デビューのご案内
明るくイキイキとしたしたフラワーが魅力的なフローラルガーデンより
ガーベラデザインの4 枚組カーテン新発売いたします。
2016.11
いつまでも美しく華やかな生活と理想的なカーテンをお届けするドレッシーより
ウエディングドレスに扱われるオーガンジーを使用したフロントレースの2 重カーテンを新発売いたします。
2016.7
『DRESSY®』- ドレッシー- の新商品 コーディネートレースカーテンのご紹介
いつまでも美しく華やかな生活と理想的なカーテンをお届けするドレッシーより
箔プリントのレースカーテンを新発売いたします。UVカット・視線カット・遮熱の高機能を兼ね備え、 見た目にも美しいドレッシーのレースカーテン。輝くクリスタル調タッセルとのセット販売です。 ショップチャンネルで生放送
放映日程:2016年7月9日 PM7:00~。
2016.6
オリジナルブランド『DRESSY®』-ドレッシー- の人気商品が数量限定販売
いつまでも美しく華やかな生活と理想的なカーテンをお届けするドレッシーより レース&ドレープ薔薇絵羽柄2 重カーテンのご紹介。2 つの生地の重なりを楽しめる見た目の美しさと、 遮熱・遮光・UVカット機能を兼ね備えた夏にも最適なカーテンです。風合いや使い心地にもこだわった逸品。
ショップチャンネルで生放送
放映日程:2016年6月20日 PM2:00~
2016.2
仏・パリで国際服地見本市「プルミエール・ヴィジョン」に初出展しました。超軽量素材ミストロンをはじめ 当社独開発の素材は世界から参加したクリエーター、企業から高い評価をいただきました。
2016.2
『Floral Garden』-フローラルガーデン-のフリルレースカーテンのご紹介。
花の庭園をイメージした華やかなレースカーテンは、しなやかで綺麗なジャカードボイル生地に、ガーベラやバラ、ユリなどの存在感ある花を8色以上の多色で全面にプリントした大胆なデザイン。
まるで空一面にお花が咲いているかのような仕上がりで毎日が楽しくなるような商品です。
ショップチャンネルで先行販売です。
2016年2月12日 AM:5:00〜 生放送
2016.1
COSMOS 41号が発刊されました。今号の年頭社長対談のお相手は急加速で業績を伸ばし続ける大和ハウス工業代表取締役会長兼CEO・樋口武男氏です。 「社会に役に立つことを使命とし、最後までやり切るモーレツな魂の継承」についてお話させて頂き樋口武男氏の生きざまに学ばせていただきます。
2016.1
2015年度の主なニュースのまとめ

2015年

2015.12
オリジナルブランド『DRESSY®』-ドレッシー-のレース&ドレープ薔薇絵羽柄2重カーテンのご紹介。
いつまでも美しく華やかな生活と理想的なカーテンをお届けするドレッシーより新商品を販売します。
2つの生地の重なりを楽しめる見た目の美しさと、遮熱・遮光・UVカット・保温機能という高性能を兼ね備えた特別なカーテン。風合いや使い心地にもこだわった一品です。
ショップチャンネルで先行発売
放映日程 : 2015年12月17日 PM5:00〜1時間生放送
2015.9
小田代表が中国から来日された企業家の方たちに「禅と経営」の講演会を行いました。
2015.8
【北国新聞記事】谷本石川県知事前向きな姿勢。世界的に炭素繊維複合材研究開発が注目されている中金沢工大の革新複合材料研究開発センター(ICC)は10月ドイツ産業クラスターを訪れて連携協定を結ぶ。
2015.7
【北国新聞記事】石川県・福井県の繊維企業が連携して行う新素材開発事業に対して両県が共同支援する今年度の新規事業としてサンコロナ小田も採択された。各企業が報告会で事業説明を行った。
2015.6
6月27日北国新聞連載コラム「勝機あり」に小田代表のインタビュー記事が掲載されました。
2015.3
『Floral Garden』-フローラルガーデン-のフリルレースカーテンのご紹介。
花の庭園をイメージした華やかなレースカーテンは、しなやかで綺麗なジャカードボイル生地に、ガーベラやバラ、ユリなどの存在感ある花を8色以上の多色で全面にプリントした大胆なデザイン。
まるで空一面にお花が咲いているかのような仕上がりで毎日が楽しくなるような商品です。
ショップチャンネルで先行販売です。
2015.3
「石川の炭素繊維 世界に」3月11日北国新聞に掲載された記事です。パリで開かれた炭素繊維など複合材料に関する世界最大の展示会「JECヨーロッパ」でサンコロナ小田も共同出展し当社独自の技術は大きな反響を呼びました。
2015.3
当社は世界最大の複合材料技術展示会JEC Europe 2015において、経済産業省製造産業局様の主導により設置される『ジャパン・ブース』にパネル出展いたします。
2015.1
コスモス40周年記念号が発刊されました。サンコロナ設立から40年の歴史を振り返り、2013年に統合して益々基盤が強くなりました。未来ビジョンに向けてスタートを切る年となりました今回の社長年頭対談のお相手は㈱アクタス 代表取締役CEO 休山昭氏です。消費の動向が大きく変化しているなか新しいライフスタイルについて経営の革新を二人が熱く語りました。

2014年

2014.9
2014年9月12日に北陸産地を中心とした協力工場様に向けた「会社経営方針説明会」を開催しました。 小田代表をはじめ各事業部長から実績と目標について詳細にわたり説明を行い、より緊密な協力関係を築いていきます。
2014.7
国の「高度化事業採択」で石川県企業5社が採択されました。その一社として弊社が選ばれました。経済産業省は中小企業のものづくり技術の高度化につながる研究開発に助成する「戦略的基盤技術高度化支援事業(通称:サポイン事業)」を実施しており、弊社の強みを活かした炭素繊維開発事業が次世代産業を担う重要な研究開発として期待されています。
2014.7
会社案内英文版(COMPANY GUIDE BOOK)を発行しました。 各ページ詳細をダウンロードできます。
2014.5
多摩美術大学『テキスタイルテクノロジー論』で弊社代表小田が講演。今年で10周年を迎えました。
2014.4.25
NEWブランド『DRESSYTM』-ドレッシー-がデビューいたします。 いつまでも美しく可憐な心を忘れない、上質で華やかな空間をお届けしたい・・・そんな日常生活をより華やかで快適な暮らしを実現させる理想的なカーテンが、ショップチャンネルで先行発売されます。デビュー商品となるのは弊社のオリジナル商品・分繊糸を使用したレースカーテン。
放映日程: 2014年5月17日
放映日程: 2014年6月16日
放映日程: 2014年6月19日
2014.2.24
COSMOS No.39の海外版が刊行されました。中国、ベトナムで就業している社員とその家族全員に 配布されました。小田グループ代表の経営方針やビジョンを全社員が共有してイキイキと仕事に取り組み生産性を高める効果があります。 グローバル化には基本的なコミュニケーションが必要となります。グループ目標達成に向かって着実に進んでいきます。
2014.1.6
COSMOS 39号が発刊されました。今回の新春対談はオリンピックメダリスト有森裕子さんです。 「日本の未来を元気にする、自分に向き合い、夢へと突き進む力」 パワースポットのように元気をもらえる素晴らしいお話の展開になりました。

2013年

2013.12
北国新聞の人気連載コラム「挑む」にサンコロナ小田が取上げられ大きな反響を呼びました。 北陸地方では主要紙として多くの購読者を持つ北国新聞は北陸の有力企業を紹介するシリーズを続けており 2013年12月3日から4回にわたり掲載されました。
2013.12
OGC会総会が開かれました。OGC会はサンコロナ小田のインテリア原料加工部・衣料素材加工部の協力工場(35社)で構成する親睦会です。この日は短期見通しと計画、組織の強化など市況への取り組みが発表され志を新たにした熱い総会になりました。
2013.11
「PTJ・プレミアムテキスタイルジャパン 2013」に当社衣料テキスタイル部門が出展しました 11月20、21日 東京有楽町・東京国際フォーラムで開催されて「素材のイノベーション」を掲げ 多くのお客様の来訪を受けました
2013.4
最新鋭機3Dヴァーチャルデザインシステム(島精機製)を導入しました。
2013.4
テキスタイル素材のショールームを大阪本社、東京店、小松本店、廈門旺世店で新設しました。
ベーシックから新しいクリエーティブ素材の種類の豊富さと品質の良さを大きなサンプルを手にとっててご覧になれます。
2013.4
中国でのオーダー縫製品の生産力増強の為「上海小田無錫分工場」が稼働しました。
2013.4
「多摩美術大学 平成25年度 『テキスタイルテクノロジー論』で弊社代表 小田が講演。 2013.4.17
2013.4
「加能人4月号」に弊社代表小田の記事が掲載されました」 2013.4.11
2013.2
大阪本社が移転しました。新オフィスは堺筋本町交差点本町通りに面した緑に囲まれたオフィス、
堺筋本町センタービル4階です
2013.2
北國新聞掲載「無錫にカーテン工場」 2013.2.6
無錫にカーテン縫製工場を稼働させたことが取り上げられました
2013.1
「COSMOS38号」が発刊されました。熱き思いと志を胸に、夢に向かって輝こう!
中国語、ベトナム語、英語訳も発刊されグループ代表の熱いメッセージが海外の拠点にも届きました。

2012年

2011年

2011.6
国が支援するサポーティングインダストリーの対象として当グループの進める「アラミド薄織物を用いた次世代型電子基盤」が採択された。
2011.5
テキスタイルビジネス商談会「プレミアム・テキスタイル・ジャパン」が5月11、12日に東京・青山の会場で開催された。サンコロナ衣料事業部の最新作の商品を出展。アパレル業界のトップバイヤーたちの間で大きな反響があった。
2011.5
多摩美術大学で小田社長のセミナーが5月11日開かれた。今年からはテキスタイル専攻だけでなく全学部の学生に解放されたセミナーとなり会場が満席の出席者で盛況であった。
2011.3
COSMOS No.36の小田社長メッセージ(1~2面)の中国語版が発行され、中国現地社員全員に配布された。 小田社長が現地で直接中国人社員と接して、このメッセージを元にイキイキハート経営システムを伝える講演も開かれた。講演は無錫小田、上海小田(松江工場)、小田ベトナムと続いて行われた。
2011.3
東日本大震災に小田ゴウセン・サンコロナグループ全社員及び会社から義援金を北国新聞社へ寄託。上海小田の中国人社員106名からも国境を越えた熱い思いのこもった義援金もおくられてきた。
2011.3
上海昂日商貿有限公司 上海小田装飾用品有限公司の100%子会社である上海昂日有限公司が、本年2月より営業を開始した。テスト販売からスタートし、 今年の後半からは本格的な販売活動を進めていく方針である。
2011.3
3月末、パリで開催された世界最大の複合材料展示会「JECコンポジット2011展」を小田ゴウセン新規事業開発室のメンバーが視察した。スーパー繊維の一種、アラミド繊維を加工する新技術で先端複合材料事業に参入する。
2011.1
COSMOS No.36(2011新春号)がリリースされた。新たな成長のステージに向けて、グループ小田代表から熱いメッセージを発信するとともに事業部責任者からも新たな決意と抱負が語られ社内外へ向けて強いメッセージが送られた。

2010年

2010.10
JAPAN CREATION2011が東京・ビッグサイトで開かれ、サンコロナ衣料事業部が新商品を中心に出展。 糸づくりから、独自素材を活かした高次加工の新商品が多数の来場者から熱い視線を集めた。
2010.10
JAPAN CREATIONで紹介された高次加工の新商品の紹介。テーマは"FABRIC MAGIC"〜高次加工という魔法によって新しく、一層の価値感のあるものが生み出されている。
2010.7
2010年7月1日、株式会社小田ゴウセンと徳地合繊株式会社は合併し、 グループ再編統合により、グローバル環境下での強い体制づくりを図る。 新会社は株式会社小田ゴウセンとし、徳地合繊は株式会社小田ゴウセン山口工場としてスタートした。
2010.6
小田社長の多摩美術大学・生産デザイン学科での講演が行われた。今年で6回目のこととなる。 学生が社会に出ていく直前でもあり、経営的視点でのデザイン論、社会人としての自己啓発など実りのある 講座となった。
2010.3
小田テックスが教育施設向け、大型液晶モニターの保護用カバーを開発し生産・販売する。
2010.2
今世界で最も勢いのあるインテリアのトレンドショー『メゾン・エ・オブジェ』が、例年にまして熱気にあふれ、パリ・ノールで開催された。 サンコロナ企画室スタッフ3名が視察。 欧州の最新トレンド・スタイルを学び、大きな収穫。
2010.1
世界最大のホームテキスタイル国際見本市、ハイムテキスタイル2010がフランクフルトで開催され、 当社は企画開発室、営業から9名が視察出張し貴重な情報の収穫があった。
2010.1
2010年度 COSMOS新春号が発刊された。小田代表の年頭所感は、この不況下を勝ち抜く強い決意に満ち、 グローバル戦略構想が掲げられ社内外に向けて発信された。

2009年

2009.10 
新素材、先端技術、イノベーションが次世代のマーケットを切り開く。JAPAN-CREATION(2010)が10月7日~9日、東京ビッグサイトで開催され、サンコロナ・小田ゴウセングループはオーガンジーを核とした新作を発表しその新鮮な提案は、会場でNO.1の人気を得て、多くのプロユーザーを集めた。
2009.10 
『厦門旺世商貿有限公司』の開所式典が行われた。グループの本格的中国進出拠点として生産と販売を担う同社の成功を祝って台湾、中国から多くの著名な来賓が参列され盛大に執り行われた。
2009.8 
8月21日~9月13日まで、TEPCO銀座館で光をテーマにしたユニークな空間演出展示会が開催された。当社は"光で染める布" をテーマに布と照明の新しい組み合わせ提案を行い好評を得た。
2009.8 
「イキイキハートシステム」の経営理念は海を越えグローバルに受け入れられる。上海小田で中高層幹部教育が開始された。現地の中国人経営幹部が自主的に勉強会を企画したもので経営理念「イキイキハートのイキイキ経営」を企業風土として現場の隅々まで浸透させることが目的。
2009.5 
サンコロナグループは7月 中国福建省・厦門市に新会社『厦門旺世商貿有限公司』を設立する。 ウェディングやフォーマルドレス向け生地の生産販売を行う。
2009.4
サンコロナは第36期に向け、4月21日組織強化のため改革を行い、若手経営幹部に権限を委譲して行く体制を固めた。事業の高度化をスピーディに実現させ、総合力を発揮できるように機動力ある新体制で臨む。各事業体ごとにマネージャーを選任、協調性と個性ある集団として躍進を目指す。
2009.2
不況風を吹き飛ばす熱気あふれるパリ「メゾン・エ・オブジェ」展、
企画室スタッフが視察、最新トレンドから大きな収穫。
2009.2
ベトナム小田カーテン縫製工場が本格稼働。
3月には 「生地から製品まで」の一貫体制で生産効率大巾アップされる。
2009.1
世界最大規模「ハイムテキスタイル展」に11人研修視察。
新商品開発のベース情報やクオリティ充実に意欲。
2009.1
厳しい現実に強力なリーダーシップを!
帝人北陸新年互礼会で小田代表(帝人北陸合繊会会長)が会長として挨拶のなかで強く要望した。

2008年

2008.10
「ジャパンクリエーション(JFW-JC)2009」に出展
高度な加工技術を駆使した繊細な新商品を展示。多くの来場者から注目を浴びた。
2008.8
経済産業省から小田代表に三たび要請
今度は「北陸3県合同産業クラスターアクションプラン」検討委員に
2008.8
中国・無錫小田新工場開所式典に無錫市のTOPら日・中の要人約100名出席
2008.6
経産省の「元気なモノ作り中小企業300社」に小田ゴウセンが選定される!
2008.6
ベトナム新工場、来年1月稼働へ準備スタート
2008.4
分繊工場海外拠点・中国無錫(むしゃく)新工場4月稼働。〈小田ゴウセン〉
2008.3
小田テックスの協力工場による新年度事業方針会議開催
2008.2 -
新作ブライダルオーガンジー、「ミラノ展2008」出展(サンコロナ)
2008.2
上海小田2割増床。日本向輸出高トップに迫る〈サンコロナ)
2008.1
欧州最大インテリア・雑貨見本市「メゾン エ オブジェ展」
スタッフが視察研修、最新トレンド発信へ〈サンコロナ〉
2008.1
世界最大「フランクフルト・ハイムテキスタイル」へデザイナーら16名視察研修。
Myブランド新作へ意欲 〈サンコロナ〉
2008.1
分繊グローバル会議、フランクフルトで開催〈小田ゴウセン〉
2008.1
上海小田で新年会、日・中から100人以上出席〈サンコロナ〉
2008.1
社内紙『コスモス』新春対談で「繊維産業は今こそ大飛躍のチャンス!」と小田代表

2007年

ページのトップへ